· 

あたらしい本がでました

 『うそつきタケちゃん』(白矢三恵著 文研出版)

 

 7月30日に絵を描かせていただいた児童文学がでました。

 児童文学に関しては、ここのところ自分でお話も書くことが続いていて、久々の絵のみのお仕事でしたが、とても楽しかったです。

 

 お話を読んでキャラクターを作り出す作業は、ちいさな頃からやっていた大好きな遊びで、暇さえあれば新聞にはさんであった広告の裏に自由にキャラクターを動かしていたものでした。

 それが仕事になったのですから、しあわせです。

  とはいえ、ちいさな頃とちがい、作者の方は、どんなキャラクターを想像してお話を書いたのかを常に考えるようにしています。

 

 それはわたしがお話のさし絵を描かせていただくときに、いちばん大切にしていることのひとつで、かならず最初にキャラクターデザインのラフを描いてみていただくことにしています。

 自分もお話を書くようになって、絵があまりにも想定していたイメージとちがうと悲しいなと思うからです。

 また、モデルとなった場所などあれば、可能な限り近づけるようにしたりします。

 この『うそつきタケちゃん』も、タケちゃんはじめ、元気で個性的な四年一組のメンバーを気に入ってくださり、安心しました。

 明るくてお調子者のタケちゃんと、転校生の元希のさわやかな読後感の一冊です。